• ホーム
  • SNSの利用による間接的なSEO効果

SNSの利用による間接的なSEO効果

いろいろな人が利用しており人気があるサービスの一つに、SNSというサービスがあります。各人がアカウントを持ち、様々なメッセージややり取り、交流を行う事を目的としたサービスです。
このSNSがSEO対策に効果的だという話もありますが、確実な話ではありません。

その一番の理由は、Googleが否定しているという事が大きい点です。
実はGoogleはSEOについてブログやセミナーなどを行っており、その中でもSNSのシェア数や拡散した事そのものは別にSEOでは評価しないと明確に否定しています。
この点は誤解しやすい点で、拡散した事やいいね数、リツイート数などはSEOに直接的な効果をもたらすことはありません。特にGoogleが発言している事実なので、大変信頼できる情報源です。

また、SNSのリンク数を被リンク数としてカウントするかというと、現状はそうではありません。SNS上で被リンクがあったとしても、それをカウントするとは限らないのです。
特に今ではSNS上での被リンクはGoogleがカウントしない傾向がありますので、あまり広く拡散する事そのものが重要ではありません。

このため、別に拡散されても直接的な効果は期待できないでしょう。
とはいえ、実は間接的な集客やSNS上での注目度が上がることは大きな利点です。

そもそも、SNSで拡散されるということは、フォロワーに情報を届けやすく、サイトの存在やサイトのコンテンツを見てもらえる機会が格段に高くなるという事でもあります。
拡散してもらうことによる集客効果は否定できず、コンテンツが面白ければその拡散した人のフォロワーや注目している人がサイトに訪問するでしょう。

また、そこで見ていた人の中にはサイトやブログを運営する人もいます。その人が内容やコンテンツを気に入ってリンクを張ってもらうと、当然被リンクとして計測されます。被リンク数が増えるのでドメイン価値も高くなり、サイトの反響も得やすくなるため、よりサイトのアクセス管理などがしやすくなるでしょう。

とはいえ、重要なのは拡散されてもあまり意味がないという事です。SNS上にアカウントがあることやリンクを広げる行為そのものに直接的な効果はありません。拡散そのものには意味がなく、アカウント管理を熱心に行ってもSEOに直接の意味は無いのです。
そこから広く宣伝されたり様々なサイトから被リンクを受けるなどの、間接的な効果は期待できるでしょう。

関連記事