• ホーム
  • Googleの提供しているアクセス解析サービス!

Googleの提供しているアクセス解析サービス!

Googleが提供しているサービスの一つに、アクセス解析サービスというのがあります。大変に有名なサービスなので、作成時から登録しておくといいでしょう。
名前はGoogleAnalyticsというのと、GoogleSearchConsoleというのがあります。両方とも無料で使いやすいサービスですが、アカウント登録が必要なので出来るだけ早く登録しておきましょう。

GoogleAnalyticsとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。これはGoogle上でどういうサイトの検索があり、どのくらいの滞在歴があるか、また何ページ見られたかというページビューや、検索キーワードなどをチェックできます。
たくさんのツールの中でも大変細かく調査できますし、特定のサービスだけではなく様々なアクセスについても解析しやすいでしょう。

一方、GoogleSearchConsoleとは、Googleが提供するサイトオーナー向けのサービスです。サイトオーナーがサイトを作るため、サイト運営や管理のためのツールになります。
比較すると、Analyticsと被るところが多いのですが、それだけではありません。例えば検索パフォーマンスや検索時のセッションがどのように移動するか、検索時のデバイスの種類や内容などを確認できます。
特にサイトオーナー向けとして、被リンクを貰ったサイトがどこかとか、検索クローラーを呼ぶためのツールなどもあります。

基本的に両方とも無料で登録できますし、アカウント登録の時は同じアカウントで構いません。
どちらもページビューや少々の検索パフォーマンスを見ることは可能ですので、両方とも登録して比較しながら利用するのがおすすめです。
自分のサイトはどうかを重視して行いたい場合はSearchConsoleが良いでしょう。一方、ほかのサイトと比較したり、ボリュームのある検索キーワードを探したいというようなときにはGoogleAnalyticsがおすすめです。

ひとつのセッションを細かく解析するというスタイルのアクセス解析もありましたが、今では目的に応じて細かいアクセス解析サービスがあるものです。特にデバイスの変化は近年大きく、今の時代でもスマートフォンでアクセスが大きいサイトとそうではないサイトの違いは大きいでしょう。
ちなみに両方とも出来るだけ早く登録した方が良いので、サイトを作った後にはできるだけ早く登録しておくといいのです。

関連記事