• ホーム
  • 意外と見落としがちな内部対策とは?

意外と見落としがちな内部対策とは?

サイト内の様々な施策はSEOに効果的で、これらを内部施策や内部対策などといいます。実はこれをSEO的に考えると、かなり見落としがちな対策も少なくありません。

内部対策とは、サイトの外部から被リンクを貰うというサイト外からのSEO対策とは違い、サイトの内部を様々な形で変更する・最適化することによって、SEO対策を行うという事です。
基本的に外部対策よりも簡単でサイト内の情報が充実する傾向がありますが、その一方で手間がかかり、SEOをよく理解していない人の場合は特に見落としがちな点でしょう。いくつかの対策がありますので、見ていきましょう。

まず、タイトルとディスクリプションの設定です。タイトルとは記事のタイトルのことで、Wordpressなどを使っていれば自動で設定されます。ディスクリプションも自動設定できる場合やGoogleが勝手に作る場合もありますが、その場合は不自然な文章である事も多いでしょう。
このため、記事タイトルとディスクリプションは適切に設定しておきましょう。自動で作られる場合でも文章の意味が通るようにした方がクリック率が高くなり、収益につながりやすいものです。

次に、サイト内にパンくずリストを設定しておきましょう。これはサイトのどこにいるかを表示するもので、一種のナビゲーションでもあります。
これがあると、ユーザーはサイト内のどこにいるか、どういう構成のサイトなのかを判断できるでしょう。ほかのページに飛びやすいというメリットもありますが、サイトの構造化や最適化がしっかりできていないとプラグインでは変な表示になってしまう場合もあります。

また、パンくずリストほど分かりやすい訳ではありませんが、画像altの設定も必要です。画像altとは画像を使う時のalt属性で、画像を文字で説明した文章になり、画像の内容やタイトルを設定することが多いでしょう。
これがあると、目が見えない人でも画像が何を示しているかを知る事が出来、ユーザーに対して親切なサイトになります。

適切な見出しを設定し、文章の構造化をしっかり考える事も大事な事です。HTMLだけではなくその文章がどういう物かを定期的に示し、どういう文章のものかわかりやすくするために見出しは重要です。
もし分かりづらいのであれば、リライトや文章の構造を最適化するなどして文章を見直しましょう。リライトすることで文章のクリック率や、それぞれの見出しの適切な配置によってサイトの情報が分かりやすくなるというメリットもあります。

そのほかにも、URL正規化という方法もあります。サイト運営中に1つのコンテンツに複数のURLが存在する場合がありますので、URL正規化してサイトは一つだという事を示しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧