PCキーボードで入力する人

もしこれからあなたが独学でSEOを学習するというのであれば、おすすめなのは自分で実際にサイトを作り、様々な手法でSEOをやってみる事です。
これは自分で手を動かしてやってみる事で、様々な経験や情報、技術が身につくという事があります。

そもそも、サイト制作は様々な技術や理論を必要とします。このため、基本的に見るだけでは身につかないという傾向があります。同じようなサイトでもどうして片方は上位表示され、もう片方は上位表示されないのか、という違いはどうしても出てくるでしょう。どちらかといえば自分でサイトをいくつか運営して比較検討してみると、かなり様々な事を学習できるかもしれません。

また、SEOはリアルタイムで変動を確認できる様になると、格段に身につきます。このとき、第三者のサイトをただリアルタイムで確認しているだけでは、あまり意味がない場合もあるでしょう。というのも、サイトの運用はSEOに大きな影響を与えるものですので、自分で運用していないサイトの情報はすべてをつかむのが難しい場合があります。また、そもそも客観的に見ているだけでは経過を知る事が出来なかったり、SEO施策が意外な所や見えないところで行われる場合もあるでしょう。
このため、出来るだけ自分で学習したり、独学でもいいのでサイトを作り、そこからサイトの更新やサイトの経過観察をすることによって、様々な学習が出来るかもしれません。

SEO界隈でよく見かけるのがアルゴリズムのアップデートにいかに対応するかという技術です。これは様々な方法がありますが、定期的にアルゴリズムのアップデートに対応することや、次はどういうアップデートが来るか予想することなどは、サイトを運営している人とそうではない人ではかなり感覚が違ってきます。
サイトを作っていると、自分のサイトがどのようなアップデートでどう変わったかをきちんと確認できるでしょう。

インターネットの中でも検索サイトはとてもよくつかわれており、知名度も高く、サイト制作やサイト運用の時にはもはやSEOの知識や技術は欠かせません。順位変動の理由を知りたいとか、順位の観察をしたい、Googleがどう考えているのか知りたい、という時は、やはりサイトを自分で運営していた方が経験も身につきます。
インターネット上では、SEOについては様々な意見があります。ですが、自分で自サイトの順位変動などを経験すると、かなりSEOそのものについても分かりやすくなるのではないでしょうか。

記事一覧
パソコンで作業する女性

SEOを行う場合、最近ではユーザーファーストという考え方があります。これはユーザー第一という物で、ユ...

パソコンで作業する女性

WEB政策に欠かせないのが、HTMLとCSSという技術です。これは比較的初心者にもわかりやすく使いや...

PCのキーボードで入力する女性の手

様々なサイトがありますが、ちょっと余裕があるならぜひ挑戦してみたいのが中古ドメインのサイトを作り、サ...

キーボードを入力する様子

最も簡単にサイトを作りたいと考え、なおかつSEOを意識するのであれば、ぜひ挑戦したいのがWordPr...